2018.04.18

手術を行ったアルゼンチン代表FWアグエロ…全治1ヶ月でW杯も出場可能

アグエロ
直近の5週間程度ケガに苦しんでいるアグエロ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、ひざの手術を行ったようだ。同選手の復帰まで約1ヶ月ほどかかると予想されている。17日にイギリスメディア『BBC』が伝えている。

 アグエロは過去5週間に渡りひざのケガに悩まされており、思うようにプレーできていなかったようだ。同選手は3月4日に行われたチェルシー戦以来、先発出場は記録しておらず、今月7日に行われたマンチェスター・Uとのダービーにも途中出場。その3日後に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝セカンドレグのリヴァプール戦でも、同じく途中出場となった。

 さらに15日に行われたトッテナム戦は欠場したアグエロ。試合前のインタビューに応じたマンチェスター・Cの指揮官、ジョセップ・グアルディオラ監督は同選手の状況について次のように話した。

「彼はアルゼンチン代表でも必要とされている選手だし、一刻も早く復帰して欲しいね。22日のスウォンジー戦に出場できるかもまだわからない」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る