2018.04.10

F・トーレスに続く? 今夏フリーエージェントになる“超”人気銘柄5選手

移籍
今夏フリーになる5選手 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードに所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、今シーズン限りで退団することを表明した。リヴァプールとスペイン代表でも活躍した選手だけに、様々なクラブがフリーエージェントでの獲得を狙っている。約2カ月後には移籍市場が開幕することもあり、今夏契約が切れ、移籍金ゼロで獲得できる“超”人気銘柄を紹介する。


ルーク・ショー(DF/イングランド)
噂される移籍先:バルセロナ

 サウサンプトンで一躍脚光を浴びたものの、2014年に移籍したマンチェスター・Uではケガの影響もあり、本領を発揮するには至らず。さらにはジョゼ・モウリーニョ監督との確執が報じられており、22歳にして3チーム目の移籍先を探すことになりそうだ。

ジャック・ウィルシャー(MF/イングランド)
噂される移籍先:エヴァートン

 アーセナルの“ガラスのエース”は、シーズンの前半こそ出場停止処分などが重なり出番がなかったが、中盤から終盤にかけて試合に出ることが多くなった。それでも、相変わらずケガの不安が付きまとい、1シーズン通して戦力として計算することが難しく、フロントが契約更新に待ったをかける可能性がある。

エムレ・ジャン(MF/ドイツ)
噂される移籍先:ユヴェントス

 センターバックと守備的MFとしてプレーでき、今シーズンもリーグ戦26試合に出場している。ユルゲン・クロップからも信頼されているものの、リヴァプールに加入して以降、これまで6度の負傷に見舞われており、現在も背中を痛めて負傷離脱中。さらに来シーズンから、ポジションが被るギニア代表MFナビ・ケイタが加入することもあり、フリーで移籍することになりそうだ。

■アリエン・ロッベン(FW/オランダ)
噂される移籍先:アメリカ

 バイエルンのブンデスリーガ6連覇に貢献したロッベンも、今夏で契約が切れる選手の1人だ。これまでチェルシーやレアル・マドリードでも活躍し、ドイツで数々のタイトルを獲得。カットインからの強烈なシュートは未だ衰えぬものの、現在34歳となり、クラブは手放すことを考え始めている。

ジョルジョ・キエッリーニ(DF/イタリア)
噂される移籍先:チェルシー

 2004年にリヴォルノから移籍し、ユヴェントスだけでなくイタリア代表の中核に成長。世代を代表するセンターバックとして名を残した。33歳と高齢ながら、5人の中ではクラブとの契約延長の可能性が一番高く、「もうすぐ更新する」と選手本人が語ったと報道された。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング