2018.04.02

バルサDFユムティティへの関心強めるマンU…来夏のトップターゲットに?

ユムティティ
以前からユムティティへの関心が報じられているマンUだが… [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uが、バルセロナに所属するフランス代表DFサミュエル・ユムティティへの関心を強めているようだ。1日付でイギリス紙『メトロ』が報じている。

 以前からマンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が高く評価するユムティティ。今夏の移籍市場で獲得に乗り出すとされていた。

 その後、ユムティティ自身もバルセロナとの契約延長、マンチェスター・Uへの移籍の可能性についてフランスメディア『Telefoot』のインタビューで「パス」と返答したことで移籍報道が過熱していた。

 そして今回の報道では、マンチェスター・Uは去就に揺れるユムティティを今夏のトップターゲットに設定したという。同選手の契約解除金は“わずか”6000万ユーロ(約79億2000万円)となっており、移籍価格が高騰する現在のサッカー界において比較的安価であり、交渉の余地は大いにあると伝えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る