2018.03.27

事件? イングランド代表MFリンガードが滞在するホテルにファンが侵入

リンガード
代表コーチの手違いでリンガードの部屋にファンの侵入を許してしまったようだ [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 27日に行われるイタリア代表との親善試合に向けて調整中のイングランド代表だが、マンチェスター・Uに所属する同代表MFジェシー・リンガードが、26日、滞在しているホテルでのセキュリティの不備により、宿泊している部屋に一般のファンを招き入れてしまったことが明らかになった。同日付のイギリス紙『ザ・サン』が報じている。

 事件が起きたのは、イングランド代表がウェンブリー・スタジアムで試合を行う際、定期的に宿泊しているワトフォード近郊のホテル『ザ・グローブ』。厳しいセキュリティ体制を敷いていることで知られる同ホテルだが、今回はリンガードの部屋にファンの侵入を許してしまった。

 前日に自身が同ホテル内のプールで使用した水着を入れたビニールバッグを持ち歩いていたというこのファンが代表選手たちとの接触を試みたところ、ある代表コーチが誤って彼をホテル内に招き入れてしまったという。

 セキュリティを突破したファンがその後、リンガードの部屋のドアを叩いてルームサービスを名乗ると、同選手は予約していた散髪師が到着したものと勘違いし、そのファンを部屋に招き入れてしまった。

 部屋の侵入に成功したファンは、同室のFWマーカス・ラッシュフォードも交えて、3人で会話を交わすことに成功。およそ10分後に本物の散髪師が現れ、事態が発覚したという。

 幸い選手たちに危害が及ぶなどのトラブルはなかったとのことだが、イングランド代表のセキュリティ体制には大きな疑問が残ることとなった。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング