2018.03.17

レアルのヴァランがマンUからのコンタクトを明かす「確かにあった」

ヴァラン(左)とモウリーニョ(右)
レアル・マドリード時代のヴァラン(左)とモウリーニョ監督(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァランが、マンチェスター・Uからの関心を認めた。16日、スペイン紙『アス』がスペインのラジオ『El Larguero』を引用して報じている。

 ヴァランは2011年にリーグ・アンのランスからジョゼ・モウリーニョ監督が率いるレアル・マドリードに移籍。現在同監督はマンチェスター・Uを率いており、度々マンチェスター・Uからの関心が報じられていた。

 同紙によると、ヴァランは今回、マンチェスター・Uからコンタクトがあったことを明かしたようだ。

「(モウリーニョから)直接勧誘されたことはない。直接はないけど、マンチェスター・Uからコンタクトがあったのは確かだよ。彼がレアル・マドリードにいたときには良い関係が築けていたし、彼の下で楽しんでプレーできていた」

 同紙は、負傷に苦しみながらも、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督の下で出場機会を増やしているヴァランがマンチェスター・Uに移籍する可能性は現在ほとんどないと報じている。フランス代表でキャプテンを務めたこともある同選手の今後の活躍に注目が集まっている

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る