2018.03.17

クロップ監督が“同国対決”を展望「彼らも最高のドローとは思っていないはずだ」

クロップ
同国対決に向けた展望を語ったクロップ監督 [写真]=Liverpool FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、チャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせが決定したことを受けてコメントを残した。クラブ公式サイトが伝えている。

 リヴァプールの対戦相手はマンチェスター・Cに決まり、イングランド勢同士が顔を合わせることになった。相手はプレミアリーグの首位を独走している強豪だが、その難敵にリーグ戦で唯一となる黒星をつけたクロップ監督に臆するところはないようだ。

「抽選で近所のクラブを引き当てるのは、多かれ少なかれよくあることだ。正直なところ、私は気にしていないよ。本当にね。これまでと同じように、我々が持っているものを出すだけだ。今回の相手はマンチェスター・C。さあ、行ってみようじゃないか」

「リーグ戦では1勝1敗だった。対戦する可能性がある中で最高のドローがリヴァプールだ、とは彼らも思っていなかったはずだ。その事実は、我々がどれだけ強くなれたかを示す証でもある」

「正直に言って、我々はこのラウンドの本命ではない。だが、ベスト8まで来ればバイエルンとバルセロナの2チームを除けばどこも本命とは言えないだろう。サッカーとはそういうスポーツだ。まだ何も決まってはいない。対決までにいくつかの試合は残されているが、私は本当に楽しみだよ。我々はできる限りのすべてを尽くす」

 リヴァプールはファーストレグを今シーズンの公式戦でわずか1敗と無類の相性を誇るホームで戦えることになったが、クロップ監督はそのことが最終的な結果に大きく影響するとは考えていないようだ。

「今回のケースではそこまで重要なことではないよ。我々は確実にホームで結果を出せるだろうが、難しい試合になることは明らかだ。この巡り合わせはお互いにとって良いニュースだよ」

「ベスト8に残った時点で、強豪と対戦するのは明らかだった。我々にとってのプラスは、相手が自分たちの最もよく知るチームだということだ。準決勝に進めるのが1チームだけなのだからイングランドにとってクールなことではないが、我々はすべてを試してみるよ」

 最後にクロップ監督は展望を語ると同時に、ファンからの2試合を通じた大きな後押しに期待感を寄せている。

「我々のファンがアウェイで見せるサポートは素晴らしいものだ。きっと素晴らしい雰囲気の試合になる。2試合とも本当にいいゲームになるだろうし、これは互いにとって大きなチャレンジだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る