FOLLOW US

ランパード氏、アーセナルの選手に同情「ネガティブな雰囲気が作られている」

アーセナルについて自身の見解を語ったランパード氏 [写真]=Getty Images

 かつてチェルシーで活躍した元イングランド代表MFフランク・ランパード氏が、現在プレミアリーグで6位に沈み、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位から遠ざかっているアーセナルについてコメントした。6日付のロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が同氏のコメントを伝えている。

アーセナルの選手たちはファンからの批判に苦しんでいるように見える。ネガティブな雰囲気が作られているように感じるんだ。だから僕は少しばかり選手に同情するよ。アーセナルの選手たちはもっと自分たちの個性を表に出していくべきだと思う。もっと自分たちに自信を持って戦っていくことが状況の改善につながるんじゃないかな」

 ランパード氏は続けて、批判の対象となっているアーセン・ヴェンゲル監督についてもコメント。ヴェンゲル監督の去就について自信の考えを明かした。

「ヴェンゲル監督のことはとてもリスペクトしている。彼はイングランドのフットボールに革新性をもたらした。彼の攻撃的なフットボールは非常に魅力的だよ。けれども、現状に目を向ける必要がある。現在のアーセナルの状況ははっきり言って非常に悪い。2年連続でCLの出場権を逃すことはファンにとって考えられないことだろう。残された道はヨーロッパリーグを制覇することだ。彼が今季限りでアーセナルを離れるのかどうか僕には分からないが、その時が近づいてきていることは確かだろう」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO