2018.02.11

モウリーニョ、タッチライン上でのふるまいに自信…賞の設立を提案

モウリーニョ
モウリーニョ監督が自身のふるまいについて言及している [写真]=Man Utd via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が、自身のタッチライン上でのふるまいについて言及している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が10日付で伝えた。

 モウリーニョ監督と言えば、たびたび退席処分を命じられたり、相手チームのスタッフと衝突したりするなど、“激しさ”が印象的だ。しかし、モウリーニョ監督自身はその態度について自信を持っている様子で、プレミアリーグに新たな賞を設けることを提案している。

「本当にたくさんの賞がある。月間最優秀監督賞とか、あれこれあるね。タッチライン上で最もふるまいの良い監督にも、賞を与えるべきだ。投票は第4審判によってなされる」

「私はその賞を勝ち取ると確信している。本気だよ! 私がピッチに足を踏み入れてしまったサウサンプトン戦を除いて、タッチライン上で第4審判と問題を起こしたことなど一度もない」

 同監督はこのように話し、自身のふるまいを自画自賛した。果たして、周囲の目にはどのように映っているのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る