2018.02.11

サンチェス加入で出場機会減…ラッシュフォードが生き残るための手段は?

ラッシュフォード
出場機会が減少しているイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、チリ代表FWアレクシス・サンチェスの加入により、出場機会の確保に苦しんでいる。11日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 同メディアは、今冬、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンとのトレードでアーセナルから加入したサンチェスは、ジョゼ・モウリーニョ監督が自ら獲得を望んだ選手のため、試合出場が保証されているとの見解を示している。一方で、ラッシュフォードのようなアカデミー出身の生え抜きは、監督好みの選手には歯が立たないとのことだ。

 モウリーニョ監督は「ラッシュフォードにはサンチェスのような手本が必要」だと述べているが、同メディアは若手選手に最も必要なのは手本ではなく出場機会だと反論。その出場機会を得るためにラッシュフォードに残された手段は、日々のトレーニングで全力を尽くし、監督の信頼をつかむことだと伝えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る