2018.02.11

マタ、“商業化”するサッカー界に危機感「最近の子供はプレーより髪型」

フアン・マタ
今のサッカー界に警鐘を鳴らしたマタ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのスペイン代表MFフアン・マタは、サッカー界の将来に危機感を抱いているようだ。9日、イギリス紙『デイリー・ミラー』が報じた。

 マタは、給料の1%を寄付する「コモン・ゴール」活動を立ち上げるなど、慈善活動を行っていることで知られている。そんな同選手は近年のサッカーの異常ともいえる商業化について危機感を抱いているようだ。

「最近の子供には驚かされることが多いね。僕のシューズのことや、なぜ髪を染めないかについて質問されるんだ。どうしてクロスのあげ方やボールコントロール、蹴る時の体の使い方について訊いてこないんだろうと不思議に思うよ。僕が小さい頃なんて子供はみんなボールを欲しがっていたね。でも今はシューズやユニフォームを欲しがって、ボールを持っていないからプレーができないんだ。それでも彼らにとってはシューズやユニフォームを見せびらかせるだけから、それで十分なんだ」

 続けて、「もちろん僕は、シューズや髪型について語る人たちを批判しているわけじゃないよ。ただもっとそれ以外のこと、つまりサッカー自体について語ってほしいし、サッカー自体を好きになってもらいたいんだよ」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る