2018.02.11

ダービー制したトッテナムがトップ4争いをリード? 英メディアが“安全圏”と予想

トッテナム
トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリ(左)と同FWハリー・ケイン(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムは10日、プレミアリーグ第27節でアーセナルとの“ノース・ロンドン・ダービー”に臨み、1-0で勝利を収めた。この結果を受け、11日付のイギリスメディア『BBC』は、トッテナムが首位を走るマンチェスター・Cと共にトップ4争いを制するとの見方を示している。

 トッテナムは第25節でマンチェスター・Uを2-0で破ると、第26節のリヴァプール戦では終了間際のゴールで2-2のドローへ持ち込んだ。さらにアーセナルを下したことで、トップ4を争うライバルとの3連戦を2勝1分けの好成績で乗り切ることに成功。暫定ながら3位に浮上した。今節、リヴァプールとチェルシーが勝利を収めた場合は再び順位を5位まで下げることになるが、今後もこの勢いを維持することができれば、トッテナムがトップ4でフィニッシュする可能性は非常に高いと見られている。

 同メディアは、シーズン終盤を迎えて上位クラブの競争率が高まる中、チェルシーとアーセナルが不調に陥っていることから、トッテナムは追い上げを気にせずプレーできるようになると予想。消去法で、トッテナムがトップ4争いの安全圏にいると伝えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る