2018.02.10

クロップ監督、相手選手に暴行のララーナを擁護「信頼は変わらない」

アダム・ララーナ
相手選手への暴行が問題視されているララーナ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、イングランド代表MFアダム・ララーナを擁護した。9日、イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』電子版が伝えている。

 ララーナは6日、リヴァプールU-23のチームでトッテナムU-23との試合に出場。ケガで今シーズン出遅れていた同選手はプレーの場を得たが、62分に思わぬ形で目立ってしまう。相手の19歳の選手と空中戦で競り合った際、激しく接触したことに対して憤慨。後方から相手選手に襲い掛かり、首元をつかむという行為に及んだ。レッドカードを提示されたララーナはピッチを去ったが、その表情は怒りに満ちたまま。騒然とした雰囲気の中、試合は再開されていた。

 クロップ監督はこの出来事についてララーナのリアクションには満足していないが、フラストレーションを感じることはあると一定の理解を示した。

「彼は60分試合に出場していたが、あれは良くないね。私は彼と話をした。ああなるべきではないし、彼も不満に思っているようだ。だが、私は分かっているよ。あの場面の前に違う衝突があったことが影響したのだと思う」

「アダムのリアクションは私が望んでいるものではない。だけど、彼についてこれまでの信頼が変わることはないよ。彼はまだケガから復活を目指しているところだ。急がせてはいないよ。彼は私の中でオプションの一つだよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る