2018.02.09

アーセナルOB、古巣にコンテ監督の招へいを推薦「求めている人材」

コンテ
次なるアーセナル指揮官になるべきだと言われているアントニオ・コンテ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イングランド代表MFポール・マーソン氏が、古巣であるアーセナルに対し、アーセン・ヴェンゲル監督の後任は現チェルシーのアントニオ・コンテ監督がふさわしいと提言した。8日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 チェルシーは直近のプレミアリーグで連敗を喫するなど不調に陥っており、コンテ監督の解任が噂されている。そこでマーソン氏は、同じくヴェンゲル監督の去就が不透明となっている古巣アーセナルに、コンテ監督の招へいを薦めている。

「もし私がアーセナルのオーナーだったら、コンテの解任がわかったら直ちに彼に連絡するよ。アーセナルはディフェンスを固める必要がある。コンテは確実にこの課題を解決することができる。クラブは彼のような人材を求めている」

 また、アーセナルは次期監督候補を次から次へと見送るべきではないと主張している。

「(ジョゼップ)グアルディオラがアーセナルを率いるチャンスがあったら、断っていたとは思えないね。(ユルゲン)クロップや(ジョゼ)モウリーニョも同様だ。でもヴェンゲルは一向に監督の座を譲ろうとしない。ユヴェントスの(マッシミリアーノ)アッレグリ監督だって候補に挙がっているという話を聞くが、実現するかわからない」

 一方で、マーソン氏はヴェンゲル監督のアーセナルでの時間が終わりに近づいていると述べた。

「クラブは見えないところで様々な変化が起きている。バックルームスタッフなど、クラブを動かしている側の人間が入れ替わり始めている。ヴェンゲル監督が今シーズン限りでアーセナルを去ってもおかしくないと思うよ」

「ヴェンゲルがいつ(ガボン代表FWピエール・エメリク・)オーバメヤンのような29歳の選手を6000万ポンド(約91億円)で獲得したことがある? 一度たりともないよ。(アレックス)ファーガソン監督が何年か前にマンチェスター・Uで(オランダ代表FWロビン)ファン・ペルシーを似たような条件で獲得したのを覚えている。その時は最後にプレミアリーグ優勝を果たして引退する予定だったからだ。オーバメヤンの移籍は、クラブ側がトップ4に入ってシーズンを終えて、同時にヴェンゲルともおさらばすることを望んでいるということを示している気がするね」

 現在、プレミアリーグ26試合を消化して13勝6分け7敗で6位のアーセナル。10日には勝ち点4差で5位につけるトッテナムとの直接対決を控えている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る