2018.02.06

リヴァプールMFララーナがU23チームの試合で退場に…相手選手に暴行

ララーナ
ララーナがU-23チームの試合で退場処分を受けた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールのイングランド代表MFアダム・ララーナが、U-23チームの試合で相手選手を暴行し、退場処分を受けた。イギリスメディア『BBC』やスペイン紙『マルカ』が5日付で伝えている。

 ララーナは、トッテナムU-23との試合に出場。ケガで今シーズン出遅れていた同選手はプレーの場を得たが、62分に思わぬ形で目立ってしまう。相手の19歳の選手と空中戦で競り合った際、激しく接触したことに対して憤慨。後方から相手選手に襲い掛かり、首元をつかむという行為に及んだ。レッドカードを提示されたララーナはピッチを去ったが、その表情は怒りに満ちたまま。騒然とした雰囲気の中、試合は再開された。

 リヴァプールU-23の指揮を執るニール・クリッチリー氏は試合後、「アダムがあんな行動に及んだのは見たことがない」とコメント。驚きを隠せない様子だった。

 なお、試合はその後リヴァプールU-23がさらに退場者を出し、2人少ない状況に。数的優位に立ったトッテナムU-23が、1-0でリヴァプールU-23を下している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る