2018.01.31

3クラブによる玉突き移籍が成立か? チェルシー、ジルー獲得に迫る

オリヴィエ・ジルー、ピエール・エメリク・オーバメヤン、ミシー・バチュアイ
玉突き移籍の可能性がある(左)ジルー、(中央)オーバメヤン、(右)バチュアイ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシー、アーセナル、ドルトムントで玉突き移籍が成立する可能性が高くなっているようだ。30日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 チェルシーは、今冬の移籍市場でローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWのエディン・ジェコや、ウェストハムのイングランド代表FWアンディ・キャロル、ストークの元イングランド代表FWピーター・クラウチなどに興味を示していたが、いまだに新たなFW獲得には至っていない。

 しかし、最終的には、アーセナルに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルー獲得に近づいているようだ。

 アーセナルは当初、ジルー放出には3000万ポンド(約46億円)を要求するなど、放出に否定的だった。しかし、ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤン獲得が秒読み段階となったことにより、ジルーの売却に応じることを決断。移籍金は1800万ポンド(約28億円)で合意に至ったことが報じられている。

 これにより、新しいFWの獲得が濃厚になったチェルシーは、出場機会を求めているベルギー代表FWミシー・バチュアイの放出を検討。同選手には、オーバメヤンの後釜獲得を目指しているドルトムントが興味を示しており、レンタルでの獲得に近づいているようだ。

 移籍市場閉幕が迫る中、3つのビッグクラブによる玉突き移籍は起きるのだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る