2018.01.30

日本の“天敵”ケーヒル、英2部へ…古巣ミルウォールに14年ぶり復帰

ティム・ケーヒル
ミルウォール加入が決まったティム・ケーヒル [写真]=Icon Sportswire via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イングランド2部(チャンピオンシップ)のミルウォールは29日、オーストラリア代表FWティム・ケーヒルの加入が決定したと発表した。

 ケーヒルは現在38歳。ミルウォールの下部組織出身で、1998年から2004年まで同クラブで公式戦251試合に出場して57得点を記録した。以後はエヴァートンやニューヨーク・レッドブルズ、上海申花、杭州緑城、メルボルン・シティーと渡り歩いていたが、14年ぶりに古巣へ復帰することが決まった。

 オーストラリア代表の一員として2004年から活躍を続け、日本代表戦でも通算5得点を挙げているケーヒル。2018 FIFAワールドカップ ロシアを前に、イングランドに新天地を求め、古巣でプレーすることとなった。なお同選手は29日にメディカルチェックを終え、今シーズン終了までの契約を締結。背番号は「7」に決まっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る