FOLLOW US

クロップ監督、1月の補強を否定「新しい選手を探しているわけではない」

現所属メンバーに期待するクロップ監督 [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、今冬での選手獲得について否定的なコメントを残した。20日、地元紙『リヴァプール・エコー』が報じている。

 リヴァプールはすでにDFとしてはクラブ史上最高額の移籍金7500万ポンド(約114億円)でオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクを獲得している。またブラジル代表MFフェリペ・コウチーニョをバルセロナへと放出し、来シーズンの加入が決定しているギニア代表MFナビ・ケイタを所属先であるライプツィヒから、入団を早めるように呼びかけたものの、拒否されてしまった。

コウチーニョの代役探しで多くの候補者が挙がる中で、クロップ監督は夏まで待つ意向であることを示している。補強について指揮官は「何かが私の中に飛び込んできたら、それについて考えるかもしれないが、新しい選手を探しているわけではない」と積極的ではないこと話した。

 さらに「コウチーニョの代わりではないが」と前置きしたうえで、イングランド代表MFアダム・ララーナの名前を挙げて「彼は前半戦をほぼプレイすることができなかったが素晴らしいプレーヤーだ。彼は今戻ってきており、いい状態を保っているよ」とコメント。新戦力だけではなく、現所属メンバーに大きな期待を寄せている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA