2018.01.08

“人類最速の男”ボルト、サッカー転身に向け始動…3月にドルトムントでトライアルへ

ウサイン・ボルト氏
以前からマンチェスター・Uへの愛を明言しているボルト氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 “人類最速の男”として陸上界に名を馳せるジャマイカ人のウサイン・ボルト氏が日本代表MF香川真司の所属するドルトムントのトライアルに参加することが分かった。8日、イギリスメディア『エクスプレス』が同選手へのインタビューの内容を伝えている。

 昨年のロンドンで行われた世界陸上を最後に陸上界からの引退を表明したボルト氏。オリンピックで8つの金メダルを獲得した陸上界のスーパースターは今回、サッカー界への転身を本気で考えていることを明かし、サッカー選手としての“夢”も語った。

 まず、世界陸上で負ったハムストリングの負傷が完治したことを語ると、ドルトムントのトライアルを受けることを明かした。

「ケガはもう大丈夫だ。コンディションも完全に回復したよ。そして、3月にはドルトムントのトライアルに参加する予定なんだ。そこで、このキャリアに挑戦するかを決断するつもりだよ。仮にドルトムントが僕は良い選手だと言ってくれれば、僕はもう少しトレーニングを続けて、フットボーラーとしてのキャリアを歩み始めたい」

 また、自身のサッカー選手としての“夢”を次のように語った。

「一番の夢はマンチェスター・Uと選手として契約することだ。もしドルトムントが僕はグッドだと言ってくれれば、さらに厳しいトレーニングを積むつもりだよ。アレックス・ファーガソン氏(元マンチェスター・U監督)とはもう話をしたんだ。彼は僕の準備ができ次第、僕のプレーを見たいと言ってくれたよ」

マンチェスター・Uの試合を観戦することもあるボルト氏 [写真]=Getty Images

 さらに、マンチェスター・Uのフランス代表MFポール・ポグバとも話をしていることを明かすと、陸上の時にも劣らない飽くなきに向上心を見せた。

「僕には大きなチャンスがあると思う。何試合ものフットボールを見て理解もしているし、プレーもしている。それにトレーニングによっては良い選手になれるチャンスだってあると思う。ポグバとはよく話をするんだ。彼にはさまざまな質問をしているよ。僕はフットボーラーになりたい。しかし、それはトップのリーグでなければダメなんだ。僕は平均的なリーグでは到底満足できない」

「僕の陸上界でのキャリアは非常に素晴らしいものだったから、より難しい挑戦だと思う。でも、仮にチャンピオンズリーグなどで優勝できれば、それは陸上界で成し遂げたものと同等以上の価値があるだろう。平均的なリーグではなく、トップリーグに挑戦したい。僕は最高の選手になりたいんだ」

 そして最後に、自身が望むポジションについては、マンチェスター・Uと契約できればそれ以上のことはないとコメントを残した。

「個人的にはウィングでプレーしたい。でも、マンチェスター・Uの選手たちは僕にはトップが最適じゃないかって言っていたよ。とにかく、オールド・トラッフォード(マンチェスター・Uの本拠地)のピッチに立てれば最高のことだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る