2018.01.08

元アーセナルDFキーオン氏、ヴェンゲル監督の選手選考は「ギャンブル」

マーティン・キーオン氏
キーオン氏がヴェンゲル監督の選手選考を批判した [写真]=Arsenal FC/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 かつてアーセナルで活躍した元イングランド代表DFマーティン・キーオン氏が、FAカップ3回戦でノッティンガム・フォレスト相手に敗北を喫したアーセナルに苦言を呈した。7日付のロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

 キーオン氏は、アーセン・ヴェンゲル監督が1月3日に行われたプレミアリーグ第22節のチェルシー戦からスタメンを9人入れ替えて同試合に臨んだことを指摘。以下のように批判の言葉を述べた。

 「ヴェンゲル監督はメンバー選考においてギャンブルをした。自分自身がベンチに座ることを禁止されているにも関わらずね。この試合のメンバーには経験が不足していたと感じる。プレミアリーグで定期的にスタメン出場している選手もいなかった。しかし、彼はこの敗戦は別の問題から生じたと考えているようだ。きっと彼は『私は試合に出場した選手たちを信頼していた』とでも言うのだろう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る