2018.01.04

去就問題決着?エジル、アーセナルに言及「プレーできることは誇りだ」

エジル
アーセナルとの契約延長交渉が停滞しており、移籍の噂が絶えないエジル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルがインタビューに応え、アーセナルでの現状をコメントした。3日付で、イギリスメディア『スカイスポーツ』が行ったQ&Aセッションの様子が伝えられている。

 Q&Aセッションではエジルと同じく、ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィも同席した。

 エジルは現在、移籍問題で大きく揺れている。今夏からアーセナルとの契約延長交渉の停滞が報じられている同選手には、バルセロナやマンチェスター・U、インテルからの関心が噂されていた。クラブ側も契約が切れ、来夏の移籍市場でフリーで放出するよりも移籍金を得るために1月の移籍を容認するのではないかとみられている。

 そんな中、エジルはQ&Aセッションに答え、加入時の思い出を振り返りつつ「アーセナルでプレーできることは誇りだ」と語った。

「僕は歴史あるクラブの仲間入りがしたかったんだよ。アーセナルはいつも素晴らしい選手が多く在籍していた。僕は、このクラブで学び、成長し、自分の才能を発揮するために加入したんだ」

「アーセナルは僕を成長させてくれ、“大きく”してくれた。アーセナルでプレーできることは僕の誇りだよ」

 加えて、ムスタフィもQ&Aセッションに応じ、移籍すべき選手について冗談交じりにコメントしている。

「(スペイン代表DF)エクトル・ベジェリンは移籍すべきだね。彼の長い髪の毛を乾かすために、クラブは多額の電気代を支払っているんだ。多くの金を無駄にしていると思う。クラブは彼を売却するか、彼に髪の毛を切ってもらうか、どっちかだね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る