2018.01.02

G・ジェズス、じん帯損傷が判明…マンCが発表、今後も検査へ

ガブリエル・ジェズス
クリスタル・パレス戦で負傷交代を強いられたガブリエル・ジェズス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cに所属するブラジル代表FWガブリエル・ジェズスが、内側側副じん帯を損傷していることが判明した。クラブの公式HPが伝えている。

 G・ジェズスは昨年12月31日に行われたプレミアリーグ第21節クリスタル・パレス戦で先発メンバーに名を連ねたが、前半途中に負傷。23分にアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロとの交代を余儀なくされた。

 左足を痛め、涙を流してピッチを去ったG・ジェズス。同選手の状態についてグアルディオラ監督は「1~2カ月、離脱する」とコメントしていた。そして1月1日、マンチェスター・Cが「内側側副じん帯損傷」と発表。今後はさらに検査を行い、全治見込みや離脱期間などを確認することになるという。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング