FOLLOW US

リヴァプール、劇的勝利で新年白星スタート…日本要注意のマネが強烈な先制弾

先制点を決めたマネ。リーグ戦では約1カ月ぶりの得点となった [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 プレミアリーグ第22節が1月1日に行われ、バーンリーリヴァプールが対戦した。

 12試合無敗の4位リヴァプールは、2018年初戦で4試合勝利から遠ざかっている7位バーンリーとのアウェイゲームに臨んだ。開始17分、リヴァプールはGKからパス4本で素早く前線につなぐと、左サイドで受けたアレックス・オックスレイド・チェンバレンが中央に切り込んでミドルシュートを放ったが、これはGKニック・ポープにセーブされた。

 対するバーンリーは28分、スティーヴン・デフールの左クロスにスコット・アーフィールドがヘディングシュート、38分にもアシュリー・バーンズの落としからアーフィールドが左足を振り抜くが、どちらもゴールには至らなかった。

 試合が動いたのは後半の61分、ワールドカップで日本代表と同組のセネガル代表FWサディオ・マネが強烈な一撃を沈め、リヴァプールが先制に成功した。エリア内に走り込んだマネは、後方にずれた右サイドからのグラウンダークロスを受け、反転から左足を一閃。強烈なシュートをゴール左上隅に突き刺した。

 2点目を狙うリヴァプールは74分、トレント・アレクサンダー・アーノルドがエリア手前右から右足を振り抜くと、豪快なミドルシュートは枠の右上隅を捉えたが、これは相手GKポープに弾き出された。

 一方のバーンリーは81分、FKの流れから最後はバーンズがエリア内右で左足ボレーを放つが、シュートはわずかに枠の左に逸れた。84分にはピンチを迎えるが、チェンバレンの至近距離からのシュートはGKポープが片手1本で好セーブ。直後の85分には、アーリークロスからサム・ヴォークスがヘディングシュートを放ったが、GKシモン・ミニョレに阻まれた。

 猛攻を見せていたバーンリーは88分、ついに反撃が実る。左サイドからのクロスにニアのヴォークスが頭で合わせると、ファーに詰めていたヨーハン・ベルク・グズムンドソンがダイビングヘッドで押し込み、土壇場で同点に追いついた。

 しかし、終了間際の後半アディショナル4分、敵陣中央のFKでチェンバレンのボールをエリア内右のデヤン・ロヴレンが折り返すと、ファーのラグナル・クラヴァンが頭で押し込み、リヴァプールが勝ち越し。直後にタイムアップを迎え、リヴァプールが2-1の劇的勝利で新年白星スタート。3連勝を飾り、13試合無敗をキープした。

 リヴァプールは5日にホームで行われるFAカップ3回戦でエヴァートンとの“マージーサイド・ダービー”に臨む。バーンリーは6日にアウェイでマンチェスター・Cと対戦する。

【スコア】
バーンリー 1-2 リヴァプール

【得点者】
0-1 61分 サディオ・マネリヴァプール
1-1 87分 ヨーハン・ベルク・グズムンドソン(バーンリー
1-2 90+4分 ラグナル・クラヴァン(リヴァプール

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA