FOLLOW US

プレミア制覇を諦めないモラタ「勝ち続ける限り可能性は残されている」

モラタは逆転優勝を信じている [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタがプレミアリーグのタイトル獲得を諦めていないことを明かした。28日付でチェルシーの公式サイトが伝えている。

 「プレミアリーグ制覇が難しい状況であることに変わりはない。僕たちがすべきことは残された全ての試合に勝利し、勝ち点を積み上げていくことだ。多くの試合に勝ち続けなければならないことは僕らにもマンチェスター・Cにも言えることだ。僕らが勝ち続ける限り可能性は残されている」

 次にモラタは、クラブでも代表でもチームメイトのスペイン代表DFセサル・アスピリクエタについても言及した。アスピリクエタのクロスにモラタが合わせる“ホットライン”でゴールを量産していることについて、次のように語った。

 「チェルシーでセサルと一緒にプレーできることはとても嬉しいことだ。彼は選手としても人間としても素晴らしい。これからもチームの勝利のため、彼と共に良い仕事ができたらいいね」

 現在3位のチェルシーと首位を走るマンチェスター・Cとの勝ち点差は「16」である。モラタの宣言通りにチェルシーは勝利を重ね、首位に迫っていくことができるだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO