2017.12.20

ドルトムントがジャン獲得の意思を示すも…クロップ監督「我々は見守る」

ビッグクラブから獲得オファーを受けるジャン(左)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督がドルトムントなどが獲得を目指すドイツ代表MFエムレ・ジャンについてコメントを残した。地元紙『リヴァプール・エコー』が伝えている。

 ドルトムントはマイケル・ゾルクSD(スポーツ・ディレクター)が大手メディア『スカイ』のインタビューにて「ジャンは今ヨーロッパのビッグクラブから注目を集めている」とコメント。また、クラブはジャンとつながっており、大きな期待を持って契約のために注力することを話している。

 ジャンについては昨夏、ユヴェントスも獲得オファーを送ったものの契約には至らず。しかし、同クラブも依然として熱視線を送られている。ユルゲン・クロップ監督は放出を否定しつつも、ジャンの将来について問われると以下のようにコメントした。

「そういったことは代理人に任せている。お金のことだけではなくてすべてにおいてね。だから明日にだってリヴァプールとサインすることだってある。我々は見守るだけだよ」

 いまだに移籍の噂が絶えないジャンだが、指揮官は本人の意思を尊重する構えを見せた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る