2017.12.17

7戦無敗のホジソン監督、4連勝中のレスター相手の快勝にも「驚きはない」

ホジソン
好調を維持するクリスタル・パレスのホジソン監督 [写真]=Plumb Images/Leicester City FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 クリスタル・パレスを率いるロイ・ホジソン監督が、16日に行われたプレミアリーグ第18節のレスター戦を振り返っている。イギリスメディア『イブニング・スタンダード』が報じた。

 試合開始前の時点で降格圏に沈んでいたクリスタル・パレスに対し、レスターはプレミアリーグ4連勝中と勢いに乗っていた。しかし、試合はクリスタル・パレスが前半のうちに2点のリードを奪うと、後半アディショナルタイムにも追加点を挙げる。3-0の快勝を収めるとともに、今シーズンのアウェイゲームにおける初勝利を飾った。

 クリスタル・パレスはこの勝利によって、プレミアリーグでのクラブ記録となる7戦負けなしを記録。暫定ながら14位にまで順位を上げた。ホジソン監督は、就任した時点ではゴール数も勝ち点も0のまま最下位に沈んでいたチームを見事に立て直している。

 ホジソン監督は好調だった相手に完勝を収められたことに喜びを表しながらも、負けなしの期間中に引き分けとなった4試合についても勝てる可能性があったという見方を示している。

「我々はこれまでも限りなく勝利に近づいていた。そして今日、ついに相手チームを倒すことができたんだ。私はこの勝利を喜んでいるが、驚きはしていない。我々はすでに長い間、対戦相手を脅かし続けてきたのだからね」

 この試合では、ベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケに待望の今シーズン初ゴールも生まれている。9日に行われたボーンマスとの試合で、本来はPKキッカーではないにも関わらずその座を譲らなかった同選手は、決まれば勝ち越しとなるPKを外してしまい批判の対象となっていた。

 ホジソン監督はベンテケの働きぶりを高く評価するとともに、同選手に声援を送ってくれたファンを称賛するコメントを残している。

「ゴールだけではなくて、クリスティアンがそれ以外の面でも懸命に働いていたことをファンは認めてくれたと考えているよ。彼らがクリスティアンの名前を歌っていたのは素晴らしいことだった。PKを外してからは、多くのファンがそれについて話していたからね」

「だが、今日はファンがとても迅速に彼の名を歌ってくれた。完全にそれに値する活躍だったよ」

 どん底の状態から抜け出し、ついに降格圏を脱出したクリスタル・パレス。今シーズンはチェルシーからも白星を奪っている百戦錬磨の老将率いるチームは、今後も対戦相手にとって脅威となってきそうだ。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る