2017.12.17

トッテナム指揮官、マンCに敗戦も下向かず「改善していかなければならない」

マウリシオ・ポチェッティーノ監督
現在7位のトッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、プレミアリーグ首位マンチェスター・Cとの試合に学び、改善するためにそれを使うべきだと主張した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が16日に伝えている。

 プレミアリーグ第18節が16日に行われ、トッテナムはマンチェスター・Cと対戦した。試合はトッテナムがマンチェスター・Cに1-4で敗れている。同試合の結果によりトッテナムは首位マンチェスター・Cとの勝ち点差を「21」に広げられた。ポチェッティーノ監督は同試合終了後、次のようにコメントを残している。

「このような状況から学ぶ必要がある。今日は質と強さがあり、とても良い成績を収めているチームの良い例を見ることができた。彼らは完全に勝利に値した。今日我々は全く勝利に値しなかったね。それだけでなく、先制点を許したのは大きなミスだったと思う。私たちは改善していかなければならない」

「相手チームが私たちよりも優れていたのは事実だが、もう選手は次の試合に目を向けている。もうこの試合は終わったんだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る