2017.12.17

チェルシー、吉田が主将のサウサンプトンを下す…アーセナルは4試合ぶり勝利/プレミア第18節

チェルシー
マルコス・アロンソのFKでチェルシーが勝利 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第18節が16日に各地で行われた。

 チェルシーは日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦した。吉田はキャプテンとしてスタメンに名を連ねている。試合は前半アディショナルタイム、マルコス・アロンソがフリーキックを直接沈めてチェルシーが先手を取る展開に。後半に入るとサウサンプトンも反撃に出る。ピエール・エミール・ホイビュルクのスルーパスに抜け出したチャーリー・オースティンがシュートを狙うも、GKティボー・クルトワに阻まれ得点は奪えず。その後も両チームはゴールに迫ったが得点は生まれず、1-0でチェルシーが勝利した。吉田はフル出場を果たしている。

吉田麻也

キャプテンマークを巻いて試合に出場した吉田 [写真]=Getty Image

 アーセナルはホームにニューカッスルを迎えた。試合は23分に動く。ニューカッスルDFのクリアボールをメスト・エジルが左足ダイレクトボレーで叩き込み、アーセナルが先制に成功した。1-0で後半に入ると58分、アレックス・イウォビのスルーパスに抜け出したアレクサンドル・ラカゼットがループシュートを放つも、ボールは枠の外へ。その後もアーセナルは怒涛の攻めを見せたが追加点を奪えない。それでも試合はこのまま終了し、アーセナルが4試合ぶりとなるプレミアリーグでの勝ち点3を掴んだ。

アーセナルのエジル

豪快なボレーシュートを叩き込んだエジル [写真]=Getty Images

 現在6位と好調なバーンリーはブライトン戦に挑んだ。前半はホームのブライトンが猛攻を見せるも、バーンリーは強固な守備で得点を許さない。後半に入ってバーンリーは攻めに出るも最後までゴールが遠く、スコアレスドローで試合を終えた。9位のワトフォードと12位のハダースフィールドの一戦は、アウェーのハダースフィールドが大量4得点を奪い快勝した。

 

バーンリー

スコアレスドローで試合を終えたバーンリー [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第18節の結果は以下の通り。

■プレミアリーグ第18節(16日開催)
アーセナル 1-0 ニューカッスル
ブライトン 0-0 バーンリー
チェルシー 1-0 サウサンプトン
ワトフォード 1-4 ハダースフィールド

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る