2017.12.16

下位低迷のクリスタル・パレス、今冬の市場でモナコFW獲得を画策か

ギド・カリージョ
クリスタル・パレスが注目するギド・カリージョ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 現在18位に沈むクリスタル・パレスは、総得点が「12」でプレミアリーグで2番目に少ない。この得点力不足を解決するために、同クラブはモナコのアルゼンチン代表FWギド・カリージョをリストアップしたようだ。米メディア『ESPN』が15日に報じている。

 同メディアによると、クリスタル・パレスのロイ・ホジソン監督は、同クラブの“エース”であるベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケが得点力を欠いているため、今冬にFWを獲得したいと考えているようだ。そこで、モナコのカリージョがリストアップされた模様。

 カリージョはモナコでフランス代表FWキリアン・ムバッペとスタメン争いを繰り広げたFW。2015-16シーズンは31試合に出場し4得点。昨季は19試合に出場し7得点を挙げている。今夏ムバッペがパリ・サンジェルマンに移籍したことにより、今季は既に13試合に出場。コロンビア代表FWラダメル・ファルカオにつづいてチームで2番目の得点数を記録している

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る