FOLLOW US

敗戦のマンU、指揮官は判定に不満を吐露「マンCはラッキーだった」

ダービーに敗れたマンUは、マンCに勝ち点で11離されている [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が“マンチェスター・ダービー”でのジャッジに関して、主審を糾弾した。10日付でイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 10日にプレミアリーグ第16節マンチェスター・Uマンチェスター・Cの“マンチェスター・ダービー”が行われた。試合はアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディの決勝点でマンチェスター・Cが2-1で勝利。この勝利で同クラブはリーグ戦14連勝を飾り、マンチェスター・Uとの勝ち点差を11に広げた。

 モウリーニョ監督はこの試合を裁いた審判のマイケル・オリバー氏に言及し、「マンチェスター・Cに有利なジャッジが多かった」と納得がいかない様子を見せている。

マンチェスター・Cはとても良いチームだし、良いプレーをしたと思う。ただ、彼らはラッキーだった。すべてのジャッジが彼らに有利なものだったね。オリバー氏には気の毒な試合だったと感じるよ。彼はベストを尽くそうとしたが、難しいジャッジが多かった」

「もちろん、彼も人間だ。彼は上手く試合を裁けていたし、全体的なパフォーマンスに不満はない。ただ、(スペイン代表MF)アンデル・エレーラが倒された場面は明らかなPKだった。試合を左右する場面で間違いを犯してしまったね。とても失望しているよ」

 加えて、モウリーニョ監督は失点シーンについてもコメント。選手たちに失望を見せながらも、次節以降のリーグ戦に意気込みを見せた。

「選手たちは試合にすべてを捧げ、ベストを尽くそうと試合に臨んでくれた。ただ、二つのゴールを許してしまったことは認められない。こぼれ球を相手に渡してしまったんだ。このような重要な試合で簡単にゴールを奪われてはいけなかった」

「もちろん、タイトルレースでマンチェスター・Cが有利なのは間違いない。ただ、まだわからないよ。我々は火曜日にもリーグ戦が控えている。彼らとの距離を縮めるために、皆で勝利を目指していくだけだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA