2017.12.01

「ポジティブなことだ」…FAがグアルディオラ監督を調査も、“被害者”は否定

レドモンド グアルディオラ
試合後に話し合ったグアルディオラ監督(右)とレドモンド(左) [写真]=Man City via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イングランドサッカー協会(FA)は、ジョゼップ・グアルディオラ監督がイングランド代表FWネイサン・レドモンドに対してかけた言葉を調査するという。しかし“被害者”の同選手は、何も問題はないと明言した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 11月30日に行われたプレミアリーグ第14節でマンチェスター・C対サウサンプトンの試合後、マンチェスター・Cのグアルディオラ監督が相手選手に対して暴言を吐いた可能性があるという。

 しかし、レドモンドはSNS上で、その可能性を完全否定。「彼は情熱的な人で、力強くアグレッシブな監督だよ。でも僕に対して敬意を持って接してくれたし、ポジティブな言葉をかけてくれたんだ」

「彼は僕の才能について語ってくれて、もっと攻撃した方がいいとアドバイスをくれたよ。僕も、『監督が僕に求めてくれることをしただけさ』って返事したんだ。それだけだよ、他に明言することはないんだ。彼は世界一の監督だよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る