FOLLOW US

グアルディオラ監督、決勝点のスターリングに賛辞「彼は変わった」

劇的な決勝点を挙げたスターリング [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督が試合を決める劇的ゴールを奪った、イングランド代表MFラヒーム・スターリングを称賛した。イギリスメディア『BBC』が30日付で伝えている。

 29日にプレミアリーグ第14節が行われ、マンチェスター・Cは日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦。1-1のまま試合は進行したが、後半アディショナルタイムに、スターリングが劇的決勝弾を決め、マンチェスター・Cが2-1で競り勝っている。同クラブはこれでプレミアリーグ12連勝を飾った。

 グアルディオラ監督は決勝点を挙げたスターリングについてコメントし、最大限の賛辞を送っている。

「スターリングのゴールが試合を勝ち取ったんだ。とても素晴らしいゴールだった。私はとても満足しているよ」

「何回も言うが、以前のスターリングは少しシャイで、自分自身を信じられていなかった。ただ今は違うね。チームメイトは彼を励まし、自信を与えた。今日のような素晴らしいプレーをするには、自分に自信を持つことが重要だ。彼は変わり、自信を持てるようになったと証明したんだ」

 加えて、グアルディオラ監督は試合中に感情的な振る舞いをしたことを謝り、冗談交じりに勝利を喜んだ。

「審判に謝ったよ。試合中は自らの感情をコントロールできなかったからね。ただ、ファンや選手と同じように勝利はとても嬉しい。私も、スターリングを祝福しに行きたかったが、彼に追い着けなかった。彼ほど早くなかったからね」

「ただ、(フランス代表DF)バンジャマン・メンディは走っていたんだ。彼は全治6カ月のケガを負っているはずなのに、本当にクレイジーだよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA