FOLLOW US

ラカゼットが股関節のケガでマンU戦を欠場か…長期離脱のおそれも

ラカゼットは負傷のため、ハーフタイムでベンチに下がっていた [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属するフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが股関節を痛め、12月2日に行われるマンチェスター・U戦を欠場する模様だ。29日付でイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 29日にプレミアリーグ第14節ハダース・フィールド戦が行われた。アーセナルはゴールラッシュもあり、5-0の大勝を収めている。ラカゼットは開始3分に口火を切る先制ゴールを決めていたが、ハーフタイムにベンチに下がっていた。

 指揮官であるアーセン・ヴェンゲル監督はラカゼットの状態について言及し、長期離脱も示唆している。

「ケガだと思う。どうやら股関節のケガのようだ。ラカゼットはマンチェスター・U戦には出られないだろう。もしかしたら、長く欠場するかもしれない」

 今シーズン、クラブ史上最高額の移籍金でアーセナルに加入したラカゼットはプレミアリーグ14試合で7ゴールをマークしている。早くもチームにフィットし始めており、クラブにとっては痛い離脱となりそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA