FOLLOW US

岡崎先発のレスター、4戦ぶり勝利…ラメラ復帰のトッテナムを撃破

3試合ぶりに先発出場した岡崎は83分までプレーした [写真]=AMA/Getty Images

 プレミアリーグ第14節が28日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスタートッテナムが対戦。岡崎は3試合ぶりに先発メンバーに名を連ねた。

 直近3試合で2分け1敗と勝利から遠ざかっているレスターは、岡崎のほかにGKカスパー・シュマイケルやリヤド・マフレズ、ジェイミー・ヴァーディらが先発出場。一方のトッテナムはGKウーゴ・ロリスやダニー・ローズ、ハリー・ケインらが先発メンバーに名を連ねた。

 均衡を破ったのはレスターだった。13分、敵陣中ほどの左サイドからマーク・オルブライトンがクロスを上げると、ニアサイドへ走り込んだヴァーディがワンタッチで合わせる。ループシュートのような軌道を描き、GKロリスの頭上を越えてゴールへ吸い込まれた。レスターが幸先良く先制に成功した。

ヴァーディ

ヴァーディのゴールでレスターが先制に成功した [写真]=Action Plus via Getty Images

 さらにレスターは前半アディショナルタイム、ショートカウンターで敵陣へ。マフレズが右サイドでボールを持つと、ドリブルでのカットインから左足を一閃。強烈なシュートがゴール左隅へ吸い込まれた。ペナルティーエリア内でニアサイドへ相手DFのマークをを引き付けた岡崎の動きも光り、レスターが2-0で前半を終えた。

マフレズ

追加点を挙げて喜ぶマフレズ(中央) [写真]=Leicester City FC via Getty Images

 2点を追うトッテナムは57分にソン・フンミンを投入して反撃を図る。さらに77分にはエリク・ラメラが待望の復帰を果たす。すると79分、ソン・フンミンからラメラへボールが渡り、ペナルティーエリア右側へのラストパスから最後はケインが豪快に右足シュートを突き刺した。

ラメラ

長期離脱を強いられていたラメラ(右)が途中出場で復帰 [写真]=Getty Images

 トッテナムは1点差に迫ったが、試合は2-1で終了。レスターが逃げ切って4試合ぶりの勝利を収めた。岡崎は83分までプレーしている。

 レスターは次節、来月2日にバーンリーをホームに迎える。一方のトッテナムは同日、ワトフォードとのアウェイゲームを控えている。

【スコア】
レスター 2-1 トッテナム

【得点者】
1-0 13分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター
2-0 45+1分 リヤド・マフレズ(レスター
2-1 79分 ハリー・ケイン(トッテナム

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO