2017.11.28

退団が囁かれるオーバメヤンにチェルシーが接近…今冬の獲得を目指す

オーバメヤン
ドルトムント退団が囁かれるオーバメヤンにチェルシーが接近しているようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンにチェルシーが接近しているようだ。27日付でイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 25日に行われたブンデスリーガ第13節のシャルケとの“ルール・ダービー”で2枚のイエローカードを受け退場処分となったオーバメヤン。数的不利に陥ったドルトムントは後半アディショナルタイムに失点を喫し、前半の4点のリードを追いつかれドローという結果に終わっていた。

 ゴールを記録したものの、大一番で致命的なミスを犯してしまったオーバメヤン。ドルトムントのピーター・ボス監督は「彼が台無しにした」と糾弾し、放出を検討しているという。

 そこで興味を示したのが前線のさらなる強化を目論むチェルシーだ。同クラブのアントニオ・コンテ監督はチャンピオンズリーグ(CL)制覇に向け、現エースのスペイン代表FWアルバロ・モラタに加えてもうひとり、世界的なストライカーの補強を考慮している模様。今冬の獲得を目指すとみられている。

 17日に行われた第12節シュツットガルト戦では、試合前の最終トレーニングに遅刻したことでメンバー外の処分を受けるなど、何かと印象の悪い行動が続くオーバメヤン。しかし、今シーズンここまで公式戦19試合出場17ゴールを記録している“大エース”の放出に踏み切ることはあるのだろうか。
 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る