2017.11.27

ウィリアン、途中出場後わずか2分で同点弾に「10分でもベストを尽くす」

ウィリアンが貴重な同点ゴールをもたらした [写真]=Chelsea FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーのブラジル代表MFウィリアンがリヴァプール戦での同点ゴールを振り返った。公式HPでインタビュー内容を掲載している。

 途中出場ですぐにゴールを奪ったウィリアン。同点弾を振り返って「美しいゴールだったよ」とコメント。「あれはシュートを狙ったんだよ。ゴールの隅に飛んだのは、運が良かったけどね」と話し、クロスのようなループシュートでの得点について語った。

 両クラブとも幾度となくチャンスを作り出すものの、1ー1のドローに終わった。試合内容について同選手は以下の通りに言明した。「非常にいい試合だったね。勝利を目指したけれどこのスタジアムでリヴァプール相手に試合することの難しさを皆知っているからね。勝ち点1を取れて良かったと思っている」

 今試合でベンチからキックオフを見守ったウィリアン。83分に出場すると、その2分後にチェルシーに同点ゴールをもたらした。出場時間については「10分や15分だろうがチームがベストな試合をできるように努めないといけない」とコメント。「我々はプロだから、ベストを尽くしていかないとね」と話し、数分の出場でも結果を残していくことの重要さを語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る