2017.11.26

昇格組に辛勝のマンU、指揮官が相手チームを称賛「非常に手強かった」

ジョゼ・モウリーニョ監督
昇格組のブライトンに辛勝したマンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uを率いているジョゼ・モウリーニョ監督が、25日に行われたプレミアリーグ第13節ブライトン戦を振り返りインタビューに応えた。同日クラブ公式HP伝えている。

 試合はマンチェスター・Uがオウンゴールをもらい、昇格組のブライトンを1-0で下した。モウリーニョ監督は試合後の記者会見で同試合を次のように分析している。

「正直に言うと、今日の結果は彼らには相応しくない。非常に良いプレーをしていた。守備の組織もしっかりしていた。それでいてボールを持つと非常に危険な相手だった。ブライトンは非常に、非常に手強かった。今季ここまでで、おそらく最強の相手だろう。我々は、プレーの質より魂で戦った」

 また、同監督は同試合でフランス代表FWアントニー・マルシャルとベルギー代表FWロメル・ルカク、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードを先発起用していたため、TV解説者からは「アタッキングプレーヤーを起用し過ぎ」という意見が出ていた。モウリーニョ監督そのそのことに関して以下の通りコメントを残している。

「たしかに、その通りだと思う。アタッキングプレーヤーの数を増やし過ぎて、試合のコントロールを失ってしまう場合もある。今日はマティッチとポグバがピッチの中央で孤立してしまい、守備面で問題がいくつかあった。守備を創造性で補えるなら、とっても良いリスクではある。しかし、今日の創造力は乏しかった。つまり、創造力に欠けていたため、カウンターアタックに優れるチームが相手であれば守備面で苦戦するのは当たり前だった」

 マンチェスター・Uはプレミアリーグ第13節終了時点で9勝2分け2敗で勝ち点「29」の2位。次節は29日、アウェイでワトフォードと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る