2017.11.21

ウェスト・ブロムウィッチがピューリス監督を解任…10試合白星なし

トニー・ピューリス監督
解任が発表されたウェスト・ブロムウィッチのトニー・ピューリス監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ウェスト・ブロムウィッチは20日、同チームを率いるトニー・ピューリス監督の解任を発表した。後任が決定するまで、アシスタントコーチを務めるゲイリー・メグソン氏が暫定指揮官を務める。

 ウェスト・ブロムウィッチは2日、プレミアリーグ第11節で昇格組のハダースフィールドに0-1で敗戦。19日の第12節では昨季王者チェルシーに0-4完敗しており、開幕2連勝以来10試合白星がない。同クラブは成績不振を鑑みてピューリス監督の解任を決定したようだ。

 1958年生まれで現在59歳のピューリス監督は限られた予算でチームを上手く作り結果を残すことに実績があり、これまでストーク・シティやクリスタル・パレスで“残留請負人”として高い評価を受けてきた。また2015年1月からはウェスト・ブロムウィッチを指揮しており、守備的でロングボールを多用する戦術で2シーズン連続で残留に導くなど一定の成果を残していた。

 ウェスト・ブロムウィッチはプレミアリーグ第12節終了時点で2勝4分け6敗で勝ち点「10」の17位。次節は26日、トッテナムと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る