2017.11.13

今冬再びバルサ移籍の噂も…コウチーニョ「リヴァプールで幸せ」と強調

フィリペ・コウチーニョ
バルセロナ移籍の噂があるコウチーニョ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが、今夏実現しなかったバルセロナへの移籍についてコメントした。スぺイン紙『マルカ』が伝えている。

 今夏の移籍市場でバルセロナ移籍目前と見られていたコウチーニョ。しかしリヴァプール側は1億ポンド(約151億円)以上のオファーを断ったと報じられるなど、同選手の慰留に死力を尽くし、結局移籍は実現しなかった。

 しかしその後もバルセロナは引き続きコウチーニョに関心を寄せているとされ、今冬再び獲得に動くとの見方も。同選手側も、代理人がリヴァプールのオーナーグループである『フェンウェイ・スポーツ・グループ』と会談の場を持ち、バルセロナへの移籍願望を明確にしたとされていた。

 現在ブラジル代表に帯同中のコウチーニョは「今は代表に専念すべき時」としながらも、移籍の噂についてコメント。「世界最高のリーグの一つでプレーできているからとても幸せ」、「自分の人生に満足しているよ」と現状に不満はないことをアピールした。

 また、10日に行われた日本代表との国際親善試合では左足の負傷のため、出場機会はなかったが、14日に行われるイングランド代表との一戦には出場できる模様。「もうコンディションは100パーセントだよ。黄色のユニフォームを着て戦えることを毎試合誇りに感じているし、チャンスを得られて光栄だ」と語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る