2017.11.12

チェルシー、新スタジアム建設が遅延…2024年まで使用できず

チェルシー
チェルシーの本拠地・スタンフォード・ブリッジ [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーの新スタジアム建築計画は、予定されていた期間よりも遅れることになるという。イギリス紙『ミラー』が報じた。

 同メディアによると、当初2021-22シーズンから新しいスタジアムを使用する計画だったが、プランに変更があった模様で24-25シーズンまでずれ込むという。

 建築計画に携わっている人物は以下のようにコメントしている。「私たちは2018年の下半期には新スタジアムの改築工事を進める予定だった。しかし鉄道関係の問題で2019年に延ばすことになったんだ。最終的に今の状況を最低あと2シーズンは続けることになると思う」

 ミュージアムやフィットネスクラブなどが併設される予定の新スタジアムは、5億ポンド(約760億円)をかけて建てられ、現在の約4万1600席から約6万席に増設予定だ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る