2017.11.10

36歳クラウチ、現役続行へ…ストーク会長が契約延長示唆「続けてほしい」

クラウチ
先日のレスター戦でも途中出場からゴールを決めたクラウチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ストークのピーター・コーツ会長が、元イングランド代表FWピーター・クラウチとの契約延長を示唆した。イギリス紙『ストーク・センチネル』が9日付で報じている。

 今年の1月には37歳となるクラウチだが、今シーズンのプレミアリーグで先発出場はないものの7試合に途中出場し3ゴールを記録。未だその得点力は健在である。

 昨シーズンのプレミアリーグ第23節エヴァートン戦でリーグ通算100得点、最終節ではリーグ史上初となるヘディングでの50ゴールを達成したクラウチ。偉大な記録を残した同選手についてコーツ会長は「ピーターはチームに多大な貢献をしている。両者にとって適した契約が結べるといいね。我々は彼と良い関係を築けているし、まだまだ一緒に仕事を続けてほしいんだ」と契約延長を示唆した。

「ピーターはこのクラブの偉大な選手だ。素晴らしい人格者でもある。彼は試合が近づくと激しいトレーニングをこなす。これは全てプレーヤーとしてのキャリアを伸ばし、最高のレベルで試合に臨むのに役立っているよ」

 現在、ストークとの契約は今シーズン限りとなっているクラウチだが、まだまだファンを沸かせることとなりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
89pt
ナポリ
76pt
インテル
66pt
欧州順位をもっと見る