2017.11.08

ディ・マッテオ氏の手腕に再び熱視線…監督業復帰は「時間の問題」

ディ・マッテオ氏
ディ・マッテオ氏の下にはたくさんのオファーが届いているようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 過去にチェルシーなどで指揮を執ったロベルト・ディ・マッテオ氏が、監督業の再開に意欲を示した。イギリス紙『デイリーメール』が7日に報じている。
 
 2011-12シーズン途中でチェルシーの指揮を暫定で引き継ぎ、プレミアリーグでは6位に終わりながらもチャンピオンズリーグ(CL)やFAカップでクラブを優勝に導いたディ・マッテオ氏。だが、功績が認められ2年契約で正式に契約を結ぶも、その5カ月後に成績不振により解任されていた。

 その後シャルケを経て、2016年10月にアストン・ヴィラの監督を解任されたことを最後に、無所属の状況が続いている。

 しかし、その手腕には再び熱視線が送られているようで「たくさんのオファーを受けた。間も無く監督業に復帰するだろう。時間の問題だと思う。1年間、監督業を離れれば、熱い思いを感じるものだ」と、1年ぶりの監督業復帰を示唆している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る