2017.11.08

ウェストハム会長、モイーズ監督就任は「賭け」…一方で期待も語る

モイーズ監督
モイーズ監督は降格圏に沈むウェストハムを立て直すことができるのだろうか [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ウェストハムの会長を務めるデイヴィッド・サリヴァン氏が、クラブの新指揮官に就任したデイヴィット・モイーズ監督の就任について、イギリス紙『サン』の独占インタビューに応えた。

 今シーズンのプレミアリーグで現在、降格圏の18位に沈むウェストハムは6日、2015年から指揮を執るスラヴェン・ビリッチ監督を解任。そして翌日にはモイーズ監督の就任を発表した。

 エヴァートンで2002年から2013年までの10年もの間指揮を執り、評価を高めたモイーズ監督だったが、その後マンチェスター・U、レアル・ソシエダ、サンダーランドではいずれも短期政権に終わっていた。

 最近の成績からか、やや懐疑的な意見が多いモイーズ監督の就任だが、サリヴァン会長も「これは賭けだね。ギャンブルだ。シーズンの終わりに我々がどこにいるか見てみよう。私は彼がチームを残留させてくれると信じている」と、率直な意見を述べた。

「これは彼の仕事であり、彼はこのチャンスを活かさなければならない。これは彼にとって大きなチャンスだ。彼は10年間エヴァートンでやっていたことを近年はできていない。このままでは悪い監督として評価を受けてしまう。彼は良い指導者なのにね」

 新指揮官を高く評価していることを明かしたサリヴァン会長だが、モイーズ監督はその期待に見事応えることができるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る