2017.11.07

マンUに朗報、イブラがクリスマス前後に試合復帰か…指揮官が示唆

イブラヒモヴィッチ
昨年4月のアンデルレヒト戦で大ケガを負ったイブラヒモヴィッチ [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が、負傷離脱を強いられている元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチやフランス代表MFポール・ポグバらの近況について言及。年内にも実戦復帰を果たす可能性を示唆した。イギリス紙『デイリーメール』が6日に報じている。

 イブラヒモヴィッチは今年4月20日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグのアンデルレヒト戦でひざのじん帯を負傷。5月に手術を受けた。今夏の移籍市場では去就に注目が集まったが、マンチェスター・Uとの契約を延長して背番号「10」を着けることが決まり、現在は復帰を目指している。

 報道によると、順調な回復を見せているイブラヒモヴィッチはクラブの練習場でボールを使ったメニューに取り組んでいる。モウリーニョ監督は「ポグバやイブラ、(マルコス)ロホ、(マルアン)フェライニは日々、ハードワークしなければいけないが、良い状態まで来ている。彼らをシーズンのパートに組み込むことができるだろう。クリスマスの時期か、その後にね」と、年内にも復帰を果たす可能性を明かしている。

 長期離脱中のイブラヒモヴィッチだけでなく、ロホも今シーズンのプレミアリーグでピッチに立つことができていない。ポグバは4試合出場(2ゴール)、フェライニは7試合出場(3ゴール)にとどまっており、戦列復帰が待たれる状況だ。

 マンチェスター・Uは12月20日にカラバオ・カップ準々決勝でブリストルと対戦した後、23日にはプレミアリーグ第19節でレスターとのアウェイゲームを控え、26日にはバーンリー、30日にはサウサンプトンと対戦する。12月は9試合もの公式戦を戦うだけに、モウリーニョ監督が言う通り、クリスマス前後の時期に負傷者が復帰を果たすこととなれば、心強い材料となりそうだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング