2017.11.06

ウェストハムがビリッチ監督を解任…今季11戦2勝で降格圏内の18位

ビリッチ
ウェストハム退団が決まったビリッチ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ウェストハムは6日、スラヴェン・ビリッチ監督の解任をクラブ公式サイトで発表した。

 現在49歳のビリッチ氏は2015年に、現役時にも在籍したウェストハムの指揮官に就任。初年度の2015-16シーズンはリーグ4位の総得点65をマークし、クラブ記録となる勝ち点62を獲得してチームを7位に導いた。しかし昨シーズンは11位に順位を落とし、今シーズンも第11節終了時点で、2勝3分6敗で降格圏内の18位に沈んでいる。

 クラブは、「ウェストハムの会長と取締役会は約2年半指揮してくれたビリッチ氏に感謝しつつ、クラブが野心に沿って前に進んで行くために、このタイミングで変化が必要だと信じている」との声明を掲載。後任は数日中に発表されるという。

 なお、イギリスメディア『スカイスポーツ』などによると、エヴァートンやマンチェスター・Uで指揮を執った経験のあるデイヴィッド・モイーズ氏が後任候補に挙がっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る