2017.11.06

コンテ監督、ベンチ外となったD・ルイスに苦言「努力しなければ…」

ダヴィド・ルイス
5日のマンチェスター・U戦でベンチ外となったD・ルイス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、5日に行われたプレミアリーグ第11節のマンチェスター・U戦で、ブラジル代表DFダヴィド・ルイスがベンチ外となった理由を説明した。5日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 昨シーズンから3バックの中央でスタメンとして起用されてきたD・ルイス。しかし、この大一番では21歳のデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンが起用され、D・ルイスはベンチ外となっていた。

 コンテ監督はD・ルイスがベンチ外となった理由について「彼は一生懸命努力しなければならない。さもなければ、ベンチやスタンドで試合を見ることになるだろう」とハードワークが必要であると語った。

 一方で、コンテ監督はこのような決断はチームにとって普通のことであることも主張している。「とても簡単なことだよ。監督はチームにとって最善の選択をすることが重要で、今日はクリステンセンがプレーし、(イーサン)アンパドゥがベンチにいるのがいいと思った」

「でも次はどうなるかは分からない。選手一人について考えるのではなく、チームのことを考えなければならない。これは戦術的な選択で、どんな選手にも起こり得ることだよ」

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る