2017.11.05

4発快勝のリヴァプール、クロップ監督の采配ずばり「うまくいった」

ユルゲン・クロップ監督
公式戦3連勝のリヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールを率いているユルゲン・クロップ監督が、11月4日に行われたプレミアリーグ第11節ウェストハム戦を振り返りインタビューに応えた。同日クラブ公式サイトが伝えている。

 試合はエジプト代表MFモハメド・サラーらの得点でアウェイのリヴァプールがウェストハムを4-1で下した。クロップ監督は試合を振り返り次のように述べている。

「今日の試合はサディオ・マネを先発させるか迷っていた。けど、彼が出れそうだから少しオプションを変えてカウンター攻撃を狙ったんだ。それがうまくいったね。1得点目は素晴らしいカウンター攻撃だった。私がリヴァプールに来て以来、あまりカウンター攻撃のサッカーはしてこなかったと思うから、今日の結果は本当に特別だ。アンディ・キャロルといった相手選手はとても脅威であったが我々は懸命にディフェンスし続けることができた。1失点はあったが、(アレックス・オックスレイド・)チェンバレンの初得点もサラーの2得点目も素晴らしかったと思う。マネとサラーは終始素晴らしいプレーを見せていたね」

「今日と今週は素晴らしい週だ。2週間前我々は全く違った感じだったが、今は本当にうまく対応したと思う。トッテナム戦は本当に我々は悪かった。トッテナムは明らかに良かったが、あの結果の主な理由は我々だったと思う。あの日から選手たちは本当に素晴らしい」

「負傷している選手たちは全員元気に戻ってくれることを願っている。それが最も重要なこと。アダム・ララーナがそろそろ戻ってくるだろう。そしてフィリペ・コウチーニョ、ジョーダン・ヘンダーソンもだ。彼らはチームを助けてくれる。我々は最も忙しい時が来ている」

 リヴァプールは次節、19日に日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦する。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング