2017.10.29

ヴェンゲル監督、同点弾挙げたコラシナツを称賛「決定的な役割を果たした」

アーセン・ヴェンゲル監督
アーセナルで22シーズン目を迎えているアーセン・ヴェンゲル監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が、今夏シャルケから同クラブへ加入したボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツを称賛した。同日クラブ公式サイトが伝えている。

 28日、プレミアリーグ第10節が行われ、アーセナルはスウォンジーと対戦した。試合は公式戦3連勝中のアーセナルが2連敗中のスウォンジーを2-1で下し、連勝を継続。1996年にアーセナルに就任した68歳のヴェンゲル監督のプレミアリーグ800試合目を勝利で飾った。試合後、ヴェンゲル監督は同試合で反撃の狼煙となる同点弾を決めたコラシナツについて次のように述べた。

「コラシナツは今日、決定的な役割を果たした。前半、私は左サイドに少しスペースがあるのがわかった。だから後半はそれを利用したかったんだ。右サイドはよく守られていたからね。我々は右サイドでビルドアップして、途中で左サイドに変更し、コラシナツのスペースを作ることが重要だったんだ。そして彼はやってのけた」

セアド・コラシナツ

同点弾を挙げたセアド・コラシナツ [写真]=Getty Images

 また、同選手の今夏の加入については「コラシナツをフリーで獲得したことは、彼がチームに合流して以来、誰もが良い契約だと確信している。彼のプレーの質を今日また見ると、やはり良い契約であったとわかるだろう」と語った。

 最後に、78分に交代したコラシナツついてヴェンゲル監督はコメントを残した。「あれはヒップの問題。ヒップの筋肉だと思う。どのくらい離脱するのかはわからない。来週末くらいに復帰してくれることを願っているよ。途中交代はもちろん彼が望んでいたものだ。私はリスクを取る必要がないと思ったので、彼を途中交代させたよ」

 アーセナルはリーグ戦6勝1分け3敗で勝ち点「19」。同勝ち点のチェルシーには得失点差で劣り5位につけている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る