2017.10.28

ベジェリンが宿敵のエースを“無視”?…ゲームの企画で別のFWを選択

ベジェリン
ゲームの企画でアドバイスを送ったベジェリン [写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリンが、プレミアリーグの「ファンタジーフットボール」の選手を決めるためのアドバイスを送った。イギリスメディア『イブニング・スタンダード』が報じている。

 「ファンタジーフットボール」はプレミアリーグが運営しているゲームで、獲得した選手の現実での活躍度合いに応じてポイントが加算されるシステムとなっている。このゲームにおいて獲得すべき選手として、ベジェリンは各ポジションごとに1人ずつ名前を挙げている。

 フォワードの部門ではマンチェスター・Uのベルギー代表FWロメル・ルカクを選出し、得点ランキングでトップに立つトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインは選外となっている。ディフェンダーとしては、ともにトッテナムに所属するウェールズ代表DFベン・デイビスやイングランド代表DFキーラン・トリッピアーらではなく、チェルシーのスペイン代表DFセサル・アスピリクエタを選んでいる。

 そして、中盤の選手としてはマンチェスター・Cのベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネを選出。ベジェリンは同じくマンチェスター・Cに所属するスペイン代表MFダビド・シルバやドイツ代表MFレロイ・サネ、トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン、リヴァプールのエジプト代表MFモハメド・サラーといった、今シーズン輝きを放っている選手たちの中でもデ・ブライネが突出していると見ているようだ。

 ベジェリンは自身の選択について「まずはルカクだ。多くのゴールを決めているストライカーだからね。アスピリクエタはディフェンダーとしてはかなり多くのゴールとアシストを記録している。デ・ブライネもたくさんのゴールとアシストを決めている選手だ。これが僕の選ぶ3人さ」と語っている。

 また、「たぶん最も多くのゴールを決めるのはルカクだと思うから、いい選択なんじゃないかな」と語り、現時点では今シーズンの得点王争いはルカクが制すると予想しているようだ。

 現在プレミアリーグで8ゴールを決めて得点ランキングトップに立っているケインに対し、ルカクは1ゴール差の2位タイで競り合っている。28日に開催される、両選手が所属するマンチェスター・Uとトッテナムの直接対決で、このランキングに変動は生まれるだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る