2017.10.27

トッテナムの優勝は「ケイン次第」 ファーディナンド氏「代わりはいない」

ファーディナント氏(左) ケイン(右)
トッテナムの優勝はケイン(右)次第と語るファーディナンド氏(左)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 かつてマンチェスター・Uで活躍した元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が、トッテナムのプレミアリーグ優勝の可能性についてコメントした。イギリス誌『FourFourTwo』が伝えている。

 現在コメンテーターとして活躍するファーディナンド氏は、トッテナムが優勝するためにはイングランド代表FWハリー・ケインの存在がカギを握ると主張している。

「ケインがフィットし続ければ、十分タイトル争いができると思う。しかし、彼が離脱すれば、可能性は消えるだろう。トッテナムが一人に依存したチームだと言いたいわけではない。ただ、これほど点を取ることができる彼の代わりはいないよ。リーグ優勝にはゴールを決める“9番”が必要なんだ」

 昨シーズンは2位に終わり、惜しくも優勝を逃したトッテナム。今シーズンは第9節終了時点で首位マンチェスター・Cと5ポイント差の3位につけている。また、2シーズン連続で得点王を獲得しているエースのケインはここまで8ゴールを記録し、得点ランクトップに立っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る