2017.10.27

先制点のリュディガー、移籍後初得点を振り返る「運に助けられた」

リュディガー
移籍後初ゴールを決めたリュディガー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーは25日、カラバオ・カップ(フットボールリーグ・カップ)4回戦が行われエヴァートンと対戦。2-1で勝利し、準々決勝へと駒を進めた。先制点を決めたドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが26日、クラブ公式HPにてコメントを残している。

 試合はCKからU-21ベルギー代表MFチャーリー・ムソンダのクロスに、リュディガーのヘッドで先制点を挙げる。後半アディショナルタイム2分にブラジル代表MFウィリアンが2点目を決めて2-1で勝利を果たした。

 移籍後初ゴールとなったリュディガーは、「チェルシーで初得点をあげることができて嬉しい。得点したときは照明でボールが見えてなくて、ボールを探していたんだ。少し運に助けられたね」と得点シーンを振り返る。後半終了間際の失点については「後半は少し主導権を握られ、エヴァートンがボールをより支配し、得点を決められた」と反省した。

 さらに、この試合ではU-19ウェールズ代表MFイーサン・アンパドゥや、ブラジル人MFケネディなど若手がスタメンに名を連ねた。リュティガーはこの大会を「アンパドゥ、ムソンダ、ケネディのような若い選手にはビッグチャンスだ」と語っており「全員が高いモチベーションを保つことが勝利への近道であり、勝利を求めていかないといけない」と続け、カラバオ・カップをチーム全員で戦うことを誓った。

 なおチェルシーはカラバオ・カップ準々決勝で、ボーンマスと対戦することが決定している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る